かえるの王様

微博(中国版ツイッター)や中国ネットニュースなどから個人的に興味をもったネタを取り上げています。

小牛N1

今年6月、突如として現れた「小牛電動」

これまでにない完成度の高い電動バイク「N1」を発表し、大いに注目を浴びました。
n1-top


小牛創設者でありCEOの李一男氏は、Huawei副総裁、百度CTO、中国移動情報サイト12580のCEOなどの経歴を持ち、2011年に投資ファンドを設立、VCとして活動していた人物。小牛N1はその潤沢な資金により、約2年前から研究開発をはじめたと言われ、その完成度はこれまで中国にあった電動バイクとは一線を画すものとなっています。
n1-li


まず多くの人が驚いたのが、最大走行距離が100kmに達するということでしょう。もっともこれは時速20kmの定地走行という条件なので、一般的な走行パターンであれば半分以下になるのでしょうが、それでも30km〜50kmは走れるとなると、実用上は十分だと思います。その驚きの性能は次のようなこだわりによって成し遂げられたということです。
n1-100


【バッテリー】
パナソニック製リチウムイオン電池を採用。取り外し可能で重量は約10kgと持ち運び可能なため、集合住宅でも持ち帰って充電が可能。充電時間は6時間。BMS(バッテリマネージメントシステム)により通常使用なら寿命5年以上とうたっています。
n1-battery
 

【動力】
ドイツ・BOSCH社と共同開発した高性能モーターを搭載。さらに独自開発したFOCモーター制御により、高効率でモーターをコントロール。これらにより通常の電動バイクよりも10%以上のエネルギー効率アップをはかっています。
N1-bosch
n1-bosch2



【ブレーキ】
前後に油圧式ディスクブレーキを採用。EBS(電子制御ブレーキシステム)により、ブレーキ時はモーターによる回生ブレーキと連動し、一般的なブレーキシステムより制動距離を20%以上短縮。回生ブレーキによるエネルギー回収率は平均約6%に達します。
n1-b

n1-回生
 

【スマートシステム】
車輌はAndorid/iOS向けのアプリと連動。電池状態や自己診断システムからの情報を表示したり、イタズラの通知や万が一の盗難された場合、位置情報をアプリに送信することが可能。
n1-app1n1-app2


【その他】
ヘッドライト・ウィンカー・ブレーキランプなどランプ類はすべてLEDライトを使用。メーターはバックライト付きの液晶パネルによるデジタル表示。18.9Lの大型シートボックス。スマホ用USB充電端子。
 n1-lcd

【サービス体制】
小牛N1はo2o(Online to Offline)モデルで販売され、購入はネットで行うものの、修理等は各地のサービスパートナーがサポートし、購入後のサービスも万全であることを強調しています。例えばこれは蘇州の正規サービス拠点。決して多いとは言えないものの、これだけあれば十分とも言えます。
n1-service


小牛N1は、最大走行距離100kmのハイパワー版が4999元(約10万円)、同80kmの普及版が3999元(約8万円)と、日本の感覚では非常に低価格で販売されていますが、現在、中国では簡易な電動バイクが1000元(約2万円)以下で購入でき、他社のスクータータイプでも3000元以下で販売されていることを考えると、若干高価の部類に入ります。それでも6月に最初の予約販売が行われてから、未だ生産が追いつかず、入手が難しい状態が続いています。

中国は現時点でバイクが1億台、電動自転車は2億台の普及となっており、電動バイク/自転車はさらに1億台以上の需要があると言われています。その旺盛な需要から、爱玛や雅迪、新日と言った既存の電動バイクメーカーも新製品を投入し、品質もかなり良くなってきています。しばらくこの業界からも目が離せません。



■小牛电动

■市场需求有望达1亿辆 低速电动车产业发展当提速

時事:2015年の"双十一"大セール


「1」並びの11月11日は「光棍節」と呼ばれる「お相手のいない人たちの日」

「光棍節」は中国の伝統行事ではなく、近年登場した新しい「イベント」です。諸説はいろいろあるものの、90年代に南京大学の学生が宿舎で雑談をしていたとき、1=1人=独り身のイベントを行おう!と、パーティを企画したのがはじまり・・・というのが有力です。

このイベントに便乗したのが中国最大のネットショッピングモール「淘宝」(taobao)です。「自分で自分にプレゼントしましょう」と、2009年のこの日にセールを行いました。これが話題となり、また、ネットショッピングの普及も相まって年を追う毎に規模が大きくなっていきます。特に「淘宝」からB2C(法人ショップ)部門が独立、「天猫」(T-mall)としてスタートした2012年以降は取引額も増加し、世界中から注目されるようになりました。
 
IMG_6167

■天猫双11セール取引額推移
 2012年 191億元
 2013年 350億元
 2014年 571億元

そして今年2015年。午前0時に開始したセールは、その直後がピークとなり、僅か18秒で1億元、72秒後に10億元、12分後には100億元、さらに33分後には200億元を記録、2012年の総取引額をたった33分で抜き去りました。その後、午前中には昨年の記録571億元を超え、結果は注文件数4.67億件、総取引額「912億元」(日本円でおよそ1.7兆円)を記録しました。
IMG_6194

中国のネットショッピング利用の凄さはこれだけはありません。912億元というのはあくまでも「天猫」上の集計金額であり、中国全体の取引額ではありません。

天猫のセールに便乗して、ライバルのネットモールや天猫に参加していないネットショップも同日にセールを行いました。天猫の最大のライバルである「京東」(JD.com)は「干掉小猫咪」(猫ちゃんをやっつけろ!)と大々的にセールを行い、昨年と比べて注文件数は2.3倍、取引額は2.4倍にも上がったそうです。(京東はデータ非公開のため取引総額は不明)
cd7b5f8fef08e998c52656297cb494b2

また、変わったとこころでは自動車販売サイト「汽車之家」(autohome)が、自動車5.4万台、計88億元の成約があったと発表しています。
IMG_6197

これらを総合すると11月11日の全ネットショップ取引総額は、少なくとも1500億元以上、数兆円規模だったのではないかと思っています。恐ろしいほどの購買力です。

もはや「光棍節」とは関係ない「大セールの日」となった11.11。ここまで規模が大きくなると、来年はどうなることやら。。。

山東:日照石油化学工場火災

 7月16日、山東省日照市にある石油化学工場から出火、LPGタンクが爆発炎上するという大きな火災が発生しました。
a

 まるで映画か戦場での爆撃のような状況ですが、山東・江蘇両消防本部から10個支隊と化学消防隊7つを派遣、消防車128輌、隊員990名で消火にあたり、なんとか延焼を食い止めました。
b

 活動中に3度の爆発を受けながらも、受傷した隊員は2名だけで、死者はゼロだったそうです。
d


 中国では数ヶ月に一度の頻度で化学工場火災が発生しており、それによる大気や土壌汚染が深刻化しています。消防隊の活躍を報じるだけでなく、安全管理の追求や今後の対処をもっとしっかりして欲しいものです。

※ちなみに中国の消防通報は日本と同じ「119」です。


■山东消防成功处置日照液化烃罐区泄漏燃爆